iPhone修理でデータが消える?失わないための対処法とバックアップの重要性 | 即日対応・低価格

iPhone修理でデータが消える?失わないための対処法とバックアップの重要性

iphone修理 データ 消える

iPhoneの修理を検討する際、多くのユーザーが直面する一つの大きな懸念があります。それは、修理プロセス中に大切なデータが失われるリスクです。写真、連絡先、重要なメモなど、私たちの日常生活はスマホに保存された情報で溢れています。修理が必要になると、これらのデータが安全かどうかという不安が頭をよぎります。特に画面が割れたり、バッテリーの交換が必要な場合、私たちは専門家に依頼せざるを得ません。しかし、修理業者にデバイスを手渡す前に、どのようにデータを守るべきなのでしょうか。この記事では、iPhone修理に伴うデータ喪失のリスクを最小限に抑える方法と、万が一のデータ喪失に備えるための具体的なステップをご紹介します。バックアップの重要性から、信頼できる修理業者の選び方まで、あなたの大切なデータを守るための貴重な情報を提供します。

iPhone修理・iPhone買取ならiPhoneステーション

iPhoneステーションでは、お客様のiPhoneに関するあらゆるニーズに応えるため、修理から買取まで幅広いサービスを提供しています。私たちは、迅速な対応と手頃な価格設定を心がけており、お客様の大切なデータをそのままに修理を行うことで、安心してご利用いただけるよう努めています。
修理サービスでは、画面の割れやバッテリーの問題など、様々なトラブルに対応しています。特に、即日修理には自信を持っており、熟練のスタッフが迅速に対応いたします。また、修理には3ヶ月の保証を付けており、安心してご利用いただけます。
買取サービスでは、新品から中古品、さらにはジャンク品や故障品まで幅広く対応しています。お客様に最適な価格を提供するため、最低保証価格を設定し、分割払い中の商品や水没反応がある商品でも減額せずに対応しています。
iPhoneステーションでは、お客様の大切なiPhoneを丁寧に扱い、最適なサービスを提供することをお約束します。お困りの際は、ぜひ当店にご相談ください。

はじめに

iPhoneを修理に出す際、多くのユーザーが抱く最大の不安は、愛用のデバイスからデータが消えてしまうことです。スマートフォンは、現代生活における情報の宝庫であり、私たちの生活はその中に保存されている数多くのデータに大きく依存しています。写真、連絡先、大切なメッセージ、ビジネス文書、そして日々の思い出。これらはすべて、私たちにとってかけがえのない価値を持っています。

しかし、iPhoneの画面が割れたり、バッテリーの交換が必要になったりした場合、多くの場合、専門の修理業者に頼む必要があります。その際、データの安全性についての心配が生じます。修理業者は通常、最善を尽くしてデータの安全を保証しますが、技術的な制約や不測の事故により、データ喪失のリスクは完全には排除できません。

では、どうすれば修理中のデータ喪失のリスクを最小限に抑えることができるのでしょうか。まず第一に、修理を依頼する前にiPhoneのデータをバックアップすることが重要です。AppleはiCloudやiTunesを通じて、簡単かつ効果的なバックアップソリューションを提供しています。これらのツールを利用することで、万一のデータ喪失が発生しても、簡単に情報を復元できます。

また、修理業者を選ぶ際には、その信頼性と実績を確認することが肝要です。公式のAppleサービスプロバイダー、または評判の良い民間の修理業者を選ぶことで、修理中のデータの安全性を高めることができます。重要なのは、修理を依頼する前に、データの安全に関する業者の方針と手順を確認することです。

しかし、万が一、修理後にデータが失われた場合はどうすればよいのでしょうか。その場合、バックアップからデータを復元することが可能です。バックアップがない場合には、データ復旧の専門業者に相談することも一つの選択肢ですが、これはコストがかかる可能性があることを理解しておく必要があります。

この記事では、これらのポイントに焦点を当て、iPhoneの修理を安心して依頼するための準備と、データを守るための方法を段階的に解説します。それぞれのステップを踏まえることで、愛用のiPhoneを安全に修理し、貴重なデータを守ることができます。

iPhone修理とデータ喪失の理由

修理プロセス中にデータがなぜ消える可能性があるのか

iPhoneを修理に出す際、データが失われるリスクは、技術的な理由によるものが多いです。これを理解するには、まずiPhoneの内部構造と修理プロセスの基本を把握することが重要です。iPhone内部には、データを保存するためのフラッシュストレージが搭載されています。このストレージは、電話の操作システムと密接に結びついており、修理中に損傷を受ける可能性があります。

修理プロセス中にデータが失われる主な理由は以下の通りです。

ハードウェアの損傷: iPhoneのハードウェア、特にストレージ部分が物理的に損傷を受けた場合、そこに保存されているデータは回復不可能になることがあります。画面の交換やバッテリーの修理などの際に、ストレージ部分に予期せぬ損傷が発生することがあります。

ソフトウェアの問題: 修理中にソフトウェアのアップデートやリセットが行われることがあり、これがデータ喪失の原因になることがあります。特に、オペレーティングシステムの再インストールやファームウェアのアップデート中には、既存のデータが消去されるリスクがあります。

修理業者のミス: 残念ながら、修理業者による誤操作や不適切な手順によってデータが失われることもあります。これは特に、非公式または未認定の修理業者による修理の際に発生するリスクです。

デバイスの初期化: 一部の修理では、デバイスの完全な初期化が必要になることがあります。これにより、デバイス上の全データが消去されます。通常、修理業者はこのような措置を講じる前にユーザーに通知しますが、誤解やコミュニケーション不足により、データ喪失が起こることがあります。

これらのリスクを踏まえ、ユーザーは修理を依頼する前に必ずデータのバックアップを取ることが重要です。また、信頼できる修理業者を選ぶこと、修理の過程でデータの取り扱いに関する明確なコミュニケーションを行うことが、データ保護において非常に重要です。修理業者選びに際しては、過去の顧客のレビューや業界の評判などを参考にすることが役立ちます。

一般的な修理作業(画面の割れ、バッテリー交換など)とデータ喪失の関係

iPhoneの一般的な修理作業、例えば画面の割れやバッテリー交換といった作業が、どのようにデータ喪失につながる可能性があるのかを理解することは重要です。これらの修理作業は一見単純に見えますが、iPhoneの内部構造とデータの保存方法を考えると、複雑なリスクが伴います。

画面の割れとデータ喪失
iPhoneの画面修理は、最も一般的な修理の一つです。画面が割れた場合、通常は新しい画面に交換することになります。このプロセス自体はデータに直接影響を与えるものではありません。しかし、修理の過程でiPhoneを開ける際に内部の他の部品に損傷を与えるリスクがあります。例えば、不適切なハンドリングにより内部の接続が損傷を受けると、データを保存しているストレージ部分に影響を与える可能性があります。また、修理中にデバイスがリセットされることでデータが失われるリスクもあります。

バッテリー交換とデータ喪失
バッテリーの交換は別の一般的な修理作業です。この作業は、iPhoneの内部を開いて古いバッテリーを取り外し、新しいものに交換することを伴います。このプロセス中に、内部の接続を誤って損傷させると、データに影響を及ぼす可能性があります。また、バッテリー交換の際には、デバイスの電源を完全に切る必要があり、この過程でデータ損失が発生する可能性があります。特に、不正確な手順でバッテリーが取り外された場合、突然の電源喪失がデータの損失や損傷を引き起こすことがあります。

データ喪失リスクの最小化
これらのリスクを最小化するためには、以下の点が重要です。

専門的な修理業者の利用: 信頼できる修理業者を選ぶことで、専門的な技術と適切な手順による修理が保証されます。

事前のバックアップ: 修理を依頼する前に、必ずデータのバックアップを取ることが重要です。これにより、万一のデータ喪失が発生しても、簡単に情報を復元できます。

修理プロセスの透明性: 修理業者にデータの取り扱いについて確認し、修理プロセス中に発生する可能性のあるリスクについて理解することが重要です。

これらの対策により、iPhoneの修理を安全に行い、大切なデータを保護することが可能となります。修理作業は一見単純に見えても、潜在的なリスクを理解し、適切な準備をすることが重要です。

データを保護する方法

バックアップの重要性と方法:iCloud、iTunesを使用

iPhoneの修理を検討する際、データを保護するための最も効果的な手段はバックアップです。AppleはiCloudとiTunesを通じて、ユーザーが簡単にバックアップを取ることができるようにしています。これらのバックアップ方法は、修理中にデータが失われた場合でも、大切な情報を安全に保持することを可能にします。

iCloudを使用したバックアップ
iCloudバックアップは、インターネット経由でAppleのサーバーにデータを保存する方法です。このサービスを利用することで、Wi-Fi接続がある場所ならどこでも自動的にiPhoneのデータがバックアップされます。iCloudバックアップを設定するには、iPhoneの「設定」アプリを開き、「[あなたの名前]」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」に進んで「iCloudバックアップ」をオンにします。これにより、デバイスが充電中でWi-Fiに接続されているときに自動的にバックアップが行われます。

iCloudバックアップのメリットは、バックアップが常に最新の状態に保たれ、デバイスを失ったり、破損したりしても、どこからでもデータにアクセスできることです。ただし、Appleは無料で提供するiCloudストレージの容量には制限があり、追加のストレージを購入する必要が生じることがあります。

iTunesを使用したバックアップ
iTunesを使用したバックアップは、パーソナルコンピュータにデータを保存する方法です。この方法では、iPhoneをコンピュータに接続し、iTunesを開いてデバイスを選択した後、[今すぐバックアップ]をクリックします。iTunesを使用すると、データがパーソナルコンピュータ上に直接保存されるため、インターネット接続やクラウドストレージの制限を気にする必要がありません。

iTunesバックアップの利点は、大量のデータを持つユーザーでも、追加の料金なしで完全なバックアップが可能であることです。また、バックアップからのデータ復元も比較的簡単で、新しいデバイスに古いデバイスの設定を簡単に転送できます。

バックアップの重要性
iPhoneの修理の際には、事前のバックアップが非常に重要です。修理中にデータ喪失のリスクがあるため、バックアップを取っておくことで、大切な情報を守ることができます。iCloudとiTunesは、ユーザーのニーズに合わせて選択できる二つの効果的なバックアップ方法です。定期的にバックアップを取ることで、データの安全を確保し、万が一の際にも安心して修理を依頼できます。

修理前の準備:データバックアップのステップバイステップガイド

iPhoneの修理を依頼する前にデータバックアップを行うことは、データを保護する上で非常に重要です。ここでは、バックアップを取るためのステップバイステップガイドをご紹介します。このガイドは、データを安全に保持し、修理中のデータ喪失のリスクを最小限に抑えるために役立ちます。

バックアップの準備
デバイスの状態をチェック: バックアップを開始する前に、iPhoneが最新のiOSにアップデートされていることを確認してください。これにより、バックアップからのデータ復元がスムーズに行われます。

Wi-Fi接続の確保: iCloudでのバックアップを行う場合、安定したWi-Fi接続が必要です。データ通信料を節約するためにも、Wi-Fi環境でのバックアップをお勧めします。

十分なストレージ空間の確認: iCloudやパーソナルコンピュータのストレージ空間が十分にあることを確認してください。不足している場合は、必要に応じてストレージを整理または拡張します。

iCloudを使用したバックアップ
iCloudバックアップをオンにする: 「設定」アプリを開き、「[あなたの名前]」をタップして「iCloud」に進み、「iCloudバックアップ」をオンにします。

バックアップを開始する: 「今すぐバックアップを実行」をタップして、バックアップを開始します。バックアップの完了には、データの量やインターネット速度によって時間がかかることがあります。

iTunesを使用したバックアップ
デバイスをコンピュータに接続: USBケーブルを使用して、iPhoneをパーソナルコンピュータに接続します。

iTunesを開く: iPhoneを接続したら、iTunesを開いてデバイスを選択します。

バックアップを開始する: 「バックアップを今すぐ実行」を選択して、バックアッププロセスを開始します。このプロセスも、データ量によっては時間がかかることがあります。

バックアップの確認
バックアップの完了を確認する: iCloudまたはiTunesでバックアップが完了したことを確認します。iCloudの場合は、「設定」アプリの「iCloudバックアップ」セクションで、最終バックアップの日時を確認できます。
これらのステップに従ってバックアップを行うことで、iPhoneの修理中にもデータを安全に保つことができます。修理を依頼する前に、このバックアッププロセスを行うことが、あなたの大切なデータを保護する鍵となります。

修理中にデータを保持する方法

修理業者選びのポイント:信頼性と専門性

iPhoneの修理を依頼する際には、修理業者の選択がデータ保持に大きく影響します。信頼性と専門性を持つ修理業者を選ぶことは、データ喪失のリスクを最小限に抑える上で非常に重要です。修理業者を選ぶ際の主要なポイントをいくつか挙げてみましょう。

信頼性の確認
評判とレビューのチェック: 修理業者を選ぶ際には、インターネット上のレビューや評判を調べることが有効です。以前にサービスを利用した顧客の経験は、業者の信頼性を判断する上で重要な手がかりになります。

資格と認定: Apple認定修理業者など、公式の認定を受けた業者は、一定の品質基準と専門知識を有していることが保証されています。こうした認定を持つ業者を選ぶことで、修理の質とデータの安全性が高まります。

専門性の確保
経験と専門知識: 長年の経験を持つ修理業者は、様々な問題に対応した実績があります。特にiPhoneのような高度な技術を要するデバイスを扱う際には、豊富な経験と専門知識が不可欠です。

修理方法とプロセスの透明性: 信頼できる修理業者は、修理プロセスについて顧客に対して透明性を持っています。事前に修理方法や使用する部品について説明を受け、データ保護に関する方針を理解することが重要です。

コミュニケーションとカスタマーサポート
顧客サポートの質: 修理後のフォローアップや保証など、質の高いカスタマーサポートを提供する修理業者を選ぶことは、安心感を得る上で重要です。

コミュニケーションの明確さ: 修理業者とのコミュニケーションがスムーズで、質問や懸念に迅速かつ明確に対応する業者を選ぶことが望ましいです。

これらのポイントを踏まえて修理業者を選ぶことで、iPhoneの修理中のデータ保持を最適化できます。修理業者の選択は、単に技術的な能力だけでなく、全体的なサービスの質と顧客との関係性に基づいて行うことが重要です。適切な修理業者を選ぶことで、修理の安全性とデータ保護の両方を確保することが可能になります。

民間業者と公式サービスプロバイダーの違い

iPhone修理を検討する際、選択肢として主に考慮されるのは、公式サービスプロバイダーと民間の修理業者です。これらの間にはいくつかの重要な違いがあり、ユーザーが知っておくべき点がいくつかあります。

公式サービスプロバイダー
公式サービスプロバイダーは、Apple社が認定した修理業者です。これらの業者は、Apple社から直接トレーニングを受け、公式の修理マニュアルや指針に基づいてサービスを提供します。

品質と信頼性: 公式プロバイダーはApple社の厳しい基準に従っており、高い品質と信頼性を提供します。これには正規の部品の使用や、Appleの基準に沿った修理技術が含まれます。

保証の継続: Apple製品の保証(例えばAppleCare)は、公式サービスプロバイダーでの修理の場合に限り継続されることが多いです。非公式業者での修理は保証の無効化につながることがあります。

コスト: 一般的に、公式サービスプロバイダーでの修理は民間業者に比べてコストが高い傾向があります。しかし、その分、品質と安全性が保証されます。

民間の修理業者
民間の修理業者は、公式には認定されていないが、多くの場合、より低コストでサービスを提供します。

コストの効率性: 民間の修理業者は、一般的に公式サービスプロバイダーよりも価格が低く設定されています。これは、非公式の部品の使用や、Appleのガイドラインに完全には従わないことがあるためです。

柔軟性: 民間業者は修理オプションにおいて柔軟性を持っており、特定のニーズに合わせたカスタムサービスを提供することがあります。

リスク: 非公式の部品の使用や公式のガイドラインに準拠しない修理方法は、品質やデータ保護の面でリスクを伴う可能性があります。また、メーカーの保証が無効になるリスクもあります。

ユーザーが考慮すべき点
修理業者を選ぶ際、ユーザーは以下の点を考慮する必要があります。

品質と安全性: データ保護やデバイスの長期的な機能性を重視する場合は、公式サービスプロバイダーの利用を検討すべきです。

コストとアクセシビリティ: 予算やアクセスしやすさを優先する場合は、民間の修理業者が適しているかもしれませんが、リスクも考慮する必要があります。

保証の状況: Apple製品の保証状況を確認し、保証が継続されるような修理オプションを選択することが重要です。

修理に際して事前に確認すべきこと

iPhone修理を依頼する前に、データ保持を確実にするために事前に確認すべきいくつかの重要な点があります。これらの事項を確認し、理解することで、修理プロセス中のデータ喪失のリスクを最小限に抑えることができます。

修理業者の資格と経験
認定とトレーニング: 修理業者がApple認定を受けているかどうかを確認します。認定された技術者は、Appleの基準に沿った適切なトレーニングを受けています。

経験: どのくらいの期間、iPhoneの修理を行っているかを確認します。長年の経験は、複雑な問題に対処する能力を示す良い指標です。

データ保護の方針
データ保持のポリシー: 修理業者がデータ保護に関してどのような方針を持っているかを確認します。特に、データ喪失のリスクがある修理の場合、そのリスクをどのように管理しているかを理解することが重要です。

バックアップの推奨: 修理業者がデータバックアップを推奨しているかどうかを確認します。修理に先立ってバックアップを取ることは、データ保護の最も確実な方法です。

修理プロセスと期間
修理プロセスの透明性: 修理がどのように行われるかについての詳細を理解します。修理に要する時間、使用される部品の種類、修理後のテストプロセスなどを確認します。

修理の所要時間: 修理にかかる時間を確認し、その間データが保持されることを確認します。

費用と保証
見積もりとコスト: 修理の全体的なコストと、追加料金が発生する可能性について明確な見積もりを取得します。

修理後の保証: 修理が完了した後、どのような保証が提供されるかを確認します。保証があれば、修理に関連する問題が後に発生した場合の安心感が得られます。

修理前の準備
自身でのバックアップ: 修理業者との約束日が決まったら、バックアップを取ることを忘れずに行います。これにより、万が一のデータ喪失に備えることができます。
これらのポイントを事前に確認することで、修理中のデータの安全性を高め、安心して修理を依頼できます。特に、データバックアップは、どのような状況でも行うべき最も重要なステップの一つです。

データ喪失時の対処法

バックアップからのデータ復旧方法

修理後にiPhoneでデータ喪失が発生した場合、バックアップからデータを復旧することが最も一般的な対処法です。データ復旧の過程は、バックアップの種類(iCloudまたはiTunes)によって異なりますが、基本的な手順は以下の通りです。

iCloudバックアップからのデータ復旧
iCloudバックアップを使用している場合、以下のステップに従ってデータを復旧できます。

デバイスの初期化: 「設定」アプリを開き、「一般」を選択し、「リセット」に進んで「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。これにより、デバイスが工場出荷時の状態にリセットされます。

デバイスのセットアップ: デバイスがリセットされたら、電源を入れてセットアップを開始します。「アプリとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。

バックアップの選択: Apple IDでログインした後、復元したいバックアップを選択します。選択したバックアップのデータがデバイスに復元されます。

iTunesバックアップからのデータ復旧
iTunesバックアップを使用している場合、以下の手順でデータを復元できます。

デバイスをコンピュータに接続: iPhoneをコンピュータに接続し、iTunesを開きます。

デバイスの選択: iTunesでデバイスを選択し、「バックアップを復元」をクリックします。

バックアップの選択: 保存されているバックアップの中から復元したいものを選択し、復元を開始します。プロセスが完了すると、バックアップ時点のデータがデバイスに復元されます。

注意点
最新のバックアップを使用: データを復旧する際には、最新のバックアップを使用することが重要です。これにより、最新のデータが復元されます。

復元プロセスの完了を待つ: 復元プロセスは時間がかかる場合があります。プロセスが完全に完了するまで、デバイスをコンピュータに接続したままにしておきます。

インターネット接続を保持: iCloudバックアップから復元する場合、安定したインターネット接続が必要です。

これらの手順に従ってバックアップからデータを復旧することで、修理中に発生したデータ喪失の問題を解決できます。データ復旧は比較的簡単なプロセスですが、常に最新のバックアップを保持することが重要です。

もしバックアップがない場合の対処法

もしiPhoneの修理後にデータが失われ、バックアップが存在しない場合、データを復旧することは非常に困難になりますが、いくつかの対処法があります。これらの方法は必ずしも成功するとは限りませんが、データ復旧の可能性を高めるための選択肢として検討する価値はあります。

専門のデータ復旧サービス
データ復旧会社に相談: 専門のデータ復旧会社に相談し、デバイスの診断を依頼します。これらの会社は、消去されたり損傷したりしたデータを復旧するための高度な技術とツールを有しています。

費用とリスクの評価: データ復旧サービスは通常、高額な料金が発生することがあります。また、データ復旧の試みがデバイスにさらなる損傷を与えるリスクもあります。

ソフトウェアベースのデータ復旧ツール
復旧ソフトウェアの使用: 市場にはさまざまなデータ復旧ソフトウェアがあり、これらを使用して失われたデータを復旧しようと試みることができます。ただし、これらのツールの効果は限定的であり、成功は保証されません。

慎重な使用: データ復旧ソフトウェアを使用する際には、ソフトウェアの信頼性とセキュリティを確認し、使用に伴うリスクを理解することが重要です。

Appleサポートへの問い合わせ
Appleのサポートに連絡: データが失われた場合、Appleのサポートチームに相談することも一つの選択肢です。彼らは状況を評価し、利用可能なオプションについてアドバイスを提供できます。

今後のための予防策
定期的なバックアップの習慣: 今回の経験を教訓に、将来的には定期的にデータのバックアップを取ることが重要です。これにより、将来的なデータ喪失のリスクを軽減できます。

データ管理の見直し: データをクラウドサービスに保存するなど、追加のデータ保護手段を検討します。

バックアップがない場合のデータ復旧は、非常に困難であり、成功は保証されません。しかし、上記の方法を試すことで、失われたデータを取り戻す可能性を高めることができます。重要なのは、将来的にこのような状況を避けるために、定期的なバックアップを行うことです。

まとめ

iPhoneの修理は、多くのユーザーにとって避けられない状況ですが、このプロセスにはデータの安全性に関する重要な考慮事項が伴います。本記事を通じて、修理中のデータ保護の重要性と、それを実現するための準備と知識の必要性について詳しく見てきました。

データは、私たちの日常生活やビジネス活動において非常に重要な役割を果たしています。そのため、iPhoneの修理を行う際には、これらの貴重なデータを保護するための適切な措置を講じることが重要です。修理前のデータバックアップの重要性、信頼できる修理業者の選定、バックアップからのデータ復旧方法、さらには、万が一バックアップがない場合の対処法など、多岐にわたるトピックに触れました。

最終的に、iPhoneの修理を安心して依頼できるようにするためには、これらの知識を身に付け、適切な準備をすることが不可欠です。定期的なバックアップの習慣を身につけ、修理業者の選定においてはその信頼性と専門性を重視し、必要な場合には専門家の助言を求めることが賢明です。

この記事が提供する情報が、あなたのiPhone修理の経験をより安全でスムーズなものにするための一助となれば幸いです。常にデータの安全を最優先に考え、万全の準備を行うことで、修理のプロセスを心配することなく、安心してデバイスを楽しむことができます。

iPhone修理・iPhone買取ならiPhoneステーション

iPhoneステーションでは、お客様のiPhoneに関するあらゆるニーズに応えるため、修理から買取まで幅広いサービスを提供しています。私たちは、迅速な対応と手頃な価格設定を心がけており、お客様の大切なデータをそのままに修理を行うことで、安心してご利用いただけるよう努めています。
修理サービスでは、画面の割れやバッテリーの問題など、様々なトラブルに対応しています。特に、即日修理には自信を持っており、熟練のスタッフが迅速に対応いたします。また、修理には3ヶ月の保証を付けており、安心してご利用いただけます。
買取サービスでは、新品から中古品、さらにはジャンク品や故障品まで幅広く対応しています。お客様に最適な価格を提供するため、最低保証価格を設定し、分割払い中の商品や水没反応がある商品でも減額せずに対応しています。
iPhoneステーションでは、お客様の大切なiPhoneを丁寧に扱い、最適なサービスを提供することをお約束します。お困りの際は、ぜひ当店にご相談ください。

店舗概要

店名:iphoneStaion
住所:〒271-0092 千葉県松戸市松戸1836-2 にしきのビル5F
電話:0120-54-2079

店舗一覧

松戸でiPhone修理・iPhone買取なら【iPhoneステーション松戸店】
静岡でiPhone修理・iPhone買取なら【iPhoneステーション静岡店】
市原でiPhone修理・iPhone買取なら【iPhoneステーション市原五井店】
浦和でiPhone修理・iPhone買取なら【MEGAドン・キホーテ浦和原山店】
東金でiPhone修理・iPhone買取なら【MEGAドン・キホーテ成東店】