水没修理  | 即日対応・低価格

水没修理

iPhoneは水に弱い!
お客様のご都合に合わせた修理内容

近頃はiPhoneの防水用ケースも発売され、更にはiPhoneの防水加工を行う業者も出来始めました。
どんな場所でもiPhoneを手放さないよう、あらゆる手段が増えてきています。
しかし、どんなに気をつけていても、トラブルは起きてしまいます。
検索エンジンで『iPhone 水没』『iPhone 浸水』と検索すれば、多くの事例や対策がヒットします。
それだけ多くの人が悩まされているトラブルです。

iPhone水没時にやってはいけないこと

1.電源を入れたり、充電したりしない。
iPhoneの内部に水分が残っている状態で、電源を入れてしまうと電子チップや基盤をショートさせてしまう恐れがあります。
場合によっては修理及び復旧ができなくなる恐れがあります。
もし電源が入り使えた場合でも、中に水分が基盤を腐食させ急に壊れてしまう可能性があります。
2.ドライヤーで乾かさない。
ドライヤーで急激に温度をあげてしまうと壊れてしまう可能性が高いです。
3.中の水を出そうとiPhoneを振らない。
振るとiPhone内部に水を行き渡らせる結果となり、状況がもっと悪化されてしまうことがあります。iPhoneの構造上振っても水は出ません。
4.電子レンジには入れない。
基盤やメモリが焼けてしまい修理及び復旧が出来なくなります。
5.分解しない。
むやみに分解を行ってしまうと、2次障害が発生し修理及び復旧ができなくなる可能性があります。

お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案

修理はできるがあまりにも項目が多く、お見積もりが高額になってしまうことも。
こういった場合、お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案させて頂きます。
データだけどうしても取り出したいという場合、例え画面がつかなくてもPCに認識できる状態まで修理できたら、その時点で修理作業をやめるということも可能です。
ご予算以上の見積もりになってしまったときや、大切な機能が使えなくなってしまったときは、修理をしないでそのまま返却することもできます。
お客様のご都合・ご予算に合わせての修理をご提案しますので、ご要望などありましたら受付の際にお気軽にお声かけ下さい。
(例えばデータだけ引き出す最悪の場合はバッテリー交換とDockコネクタ交換が必要となってきます。)

※クリーニング作業はお見積もりを出すために必要な作業となります。(作業時間30分前後)
※その場合の作業費(4/4s /5/5s/5c/6/6PLUS 5,000円)は修理不可・ご依頼キャンセル時も発生致します。
予めご了承くださいませ。